フラワーアレンジメント体験講座でセンスを磨く


photo credit: MrJamesBaker Pink Flowers on Green Plants Phptography via photopin (license)
 
花が好きで、高校生の頃には「将来は花屋さんになりたい」と思ったこともあります。好きな花は何か?と考えてみたのですが、桃や桜など日本にある「木」の花が好きなようです。自分が好きな花って改めて考えてみないとわからないものです。カラーやガーベラなど西洋の花も好きです。街角の花屋でもよく売られています。カラーって日本人好きですよね(笑)。僕も好きです。
 

フラワーアレンジメントと華道の違いって?

日本には華道、生け花という文化があります。華道に関しては一度習ってみたいなと思ってはいるものの、格式がありすぎて少し敷居が高い。一方西洋風のフラワーアレンジメントならば気軽に習うことができそうです。
 
ところで生け花とフラワーアレンジメントの違いって何でしょうか。剣山に生けていくのが生け花でポットに生けていくのがフラワーアレンジメント?持ち運びできるブーケやバスケットの装飾技術がフラワーアレンジメントで、生け花は持ち運びせずに床の間などに飾るもの?この両者の違いってよくわかりません。
 
違いは何だろうか?と検索してたのですが、華道家元池坊のサイトで「なるほど」という解説がありました。
 

いけばなとフラワーアレンジメントの違いを簡単にいうと、フラワーアレンジメントは「足し算の美学」といって、花をたくさん使って空間を埋めていきます。一方、いけばなは「引き算の美学」といわれ、たくさんの花を詰め込むのではなく、季節の草木をできるだけ少ない数で、豊かな空間をつくります。

http://www.ikenobo.jp/hajimete/qa_ikebana.html
 
なるほどなー。シンプルなものを好む日本人らしい美的感覚でできたのが生け花で、華美で華やかなものがフラワーアレンジメントというところでしょうか。どちらにしても、花の魅力を引き出し、空間に彩りを与えるものには変わりありません。まずは手軽なブーケや花束を作って、花と親しんでいくのも良いかもしれません。
 

フラワーアレンジメントの体験講座

フラワーアレンジメント教室はわりと各地にあったりしますので、近くの教室で習ってみてもいいのかもしれませんね。ここでおすすめのフラワーアレンジメント体験講座をご紹介します。
 
フェイバリット瀬田SHOP教室のフラワーアレンジメント体験講座
世田谷区瀬田で行われている、60分3,000円のフラワーアレンジメント体験講座。3,000円の費用がかかりますが、4,000円相当の素材を使ってフラワーアレンジメントを体験し、学ぶことができるので、実質無料とも言えるお得な体験教室。
 
belleフラワーズのフラワーアレンジメント体験レッスン
恵比寿、広尾にあるフラワーアレンジメント体験教室。90分の体験講座は4,600円の受講料が通常かかってしまいますが、上記リンクから受講すると3,600円でフラワーアレンジメント体験講座を受けることができます。講座の時間は90分あるので、ゆっくりじっくり学ぶことができるのではないでしょうか。
 
このあたりのフラワーアレンジメント体験講座から受けてみて、フラワーアレンジメントのコツを掴んでいきたいものです。コツを掴めばあとはセンスを磨き、技術を磨くだけです。基礎ができれば応用もできます。そのあと生け花教室に行ってセンスを磨くのもあり。
 
毎日が花で彩られる生活ってのは良いものです。心にもゆとりができそうです。体験教室ならば初心者でも気兼ねなく通えるからおすすめです。
 

フラワーアレンジメントの技術が身に付いたら


 
フラワーアレンジメントを習って、その技術とセンスを身につけたならば、きっと他のことにも役に立つと思うんですよね。例えばインテリアコーディネイトだったり日々の洋服のコーディネイトだったり。素材と色のバランスがフラワーアレンジメントでは身に付くはずなので、普段の何気ない組み合わせがセンス良くなったりしそう。